ネクタイをしたパティシエは愛想がない

「おかゆ」を好きな人もいれば、嫌いという人もいるはず。なんとも思ってない人も。君にとって、「農家」はどうだろう?
フレーム上

蒸し暑い仏滅の朝に座ったままで

最近、腹のぶよぶよとした脂肪を筋肉にと思い毎晩、筋トレをしている。
8キロ程度の子供を俺のお腹にのせて数を声を出し数えながら腹筋を行っていたら、わが子とのコミュニケーションにもなって、娘も数字を暗記するし、自分の横腹の脂肪も少なくなるし、良いことばかりだとばかり思っていたら、始めは、笑っていた子供も退屈なのか、やらなくなってしまった。

蒸し暑い月曜の晩に焼酎を
煙草は脳に百害あって一利なしだ。
と言ったことは、分かっていても吸ってしまうという。
新入社員の頃、顧客として紹介していただいた建設会社の専務のおじいさん。
「私が病気一つしないのは喫煙と酒の力です」と明るく話していた。
これくらい聞かされると失敗が目に見えている禁煙は無しでもいいのかもな〜と感じる。

涼しい月曜の午前にゆっくりと

チカコが、自宅のベランダにて、トマトを育てている。
実ったらサラダを作りたいそうだ。
実際、頻繁に水分をあげないし、すぐそばで煙草を吸うので、彼女のトマトの生活環境は少しも良くはない。
丸1日、水も肥料も与えていないと言う時の、ミニトマトの姿は、葉っぱが垂れ下がっていて、まさにがっかりしているシルエットに見えなくもない。
可哀想になったので、水分をたっぷりあげると、あくる日の朝には元気に復活していた。

雲の無い月曜の夕方に歩いてみる
いつも、なるべく大人しめのコーディネイトで出歩く私は、周りにビビられるけど。
キャミや化粧品やドレスまで勢ぞろいで、ラインで使いたいと考えれば節約生活になりそうだ。
なんとしても、ジルは魅力的だ。

怒って体操する先生と僕

いつも、家で個人的に行えるような働き方をして、稀にお声があるとプロジェクトでの仕事に参加する。
たった、ひと月に何回が、本気でかったるく感じてしまう。
ここまで嫌なら引き受けるの辞めてしまおうなど。
行くと張り切るけど、大勢の人にはさまれて、プロジェクトで仕事を成功させるのは難題だ。
なんて、母に持ちかけると、気持ちは分からなくない、など豪快に笑っていた。

怒って吠える彼女とオレ
太宰の斜陽の、がお気に入りの私は、三津浜水族館近くの安田屋旅館に宿泊に行った。
一緒に小説をよく読む彼氏。
目的の安田屋旅館は、太宰治がこのストーリーの章の一部を書くために宿泊した海沿いの旅館。
建物の中を進むと、ギシギシと、音が聞こえる。
宿泊のついでに見せてもらったのが、彼が宿泊した上の階の角の部屋。
青々とした富士山が半分だけ、頭を出していた。
窓から見える海には生け簀が張ってあった。
三津浜は見どころが大いにある。

勢いでお喋りするあいつと飛行機雲

どれでもいいので一個の習い事でも習慣でも、長くコツコツ続けている根気のある人に尊敬する。
スポーツだったり、絵画でも、とても目立たない習慣でも。
毎年一回、あのメンバーで、いつものホテルに連泊する!というような事も良いんじゃないかなと思う。
習慣的に一個の事を辞めないで続ければいずれは実用レベルまで到達することができるかもしれない。
実は、保育園の時、ピアノと版画の2つを学習していたが、続けていればよかったな。
こう考えるのは、家のの隅におかあさんに買ってもらったピアノが眠っているから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いずれもう一度弾けるようになりたいと目的がある。

騒がしく跳ねる君と季節はずれの雪
アンパンマンは、小さな子に人気のある番組だけど、しかしめちゃめちゃ攻撃的に思う。
番組の最後は、アンパンチといってばいきんまんをUFOごとぼこぼこにして解決するといった内容がめっちゃ多い。
こどもたちにもたいそう悪い影響だと私は思ってしまう。
ばいきんまんとその他が、そんなにひどいことをしていない内容の時でも暴力で解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんとどきんちゃん達を見たら、やめろと怒鳴りながらもうこぶしを突き出している。
理由を聞くわけでもない。
説得するわけでもない。
ただ、暴力で解決するからいつになっても変わらず、毎回同じ内容だ。
たぶん原作は違うのだろうけど、テレビ受けの内容にする必要があって戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

のめり込んでダンスする彼とアスファルトの匂い

甘いおやつがとっても好きで、バウンドケーキや水ようかんなどを自分でつくるけれど、娘が色々わかる年になって作るおやつが限られてきた。
私たちが非常に喜んで口にしていたら、子供が自分も欲しがるのは当然なので子供も食べられるおやつを自分でつくる。
私は、チョコ系のスイーツがものすごく好きなのだけれど、子供にはガトーショコラなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやリンゴをいれた蒸しケーキが体にも良いと考えているので、砂糖とバターをひかえて入れて混ぜて焼く。
笑顔でうまいと言ってくれたら、すごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
このごろ、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

息絶え絶えで泳ぐあの人と壊れた自動販売機
夕刊に、女性の眉毛のデザインに関して、面白い話が書き留められていた。
意味を知ると、いきなり色っぽくも感じられるので面白い。
パッと見は、恐ろしく見えるが、江戸の頃は既婚者である女性の印だという。
真相を知ると、いきなり色香まで感じられるので不思議だ。


フレーム下 class=

サイトコンテンツ


Copyright (C) 2015 ネクタイをしたパティシエは愛想がない All Rights Reserved.

ページの先頭へ