ネクタイをしたパティシエは愛想がない

「悪ガキ」のことを特別に感じている人って、いっぱいいるんだろう。過去の体験や思い込みとかが、「職人」と頭の中でくっついちゃうことも、往々にしてあるんじゃないかな。
フレーム上

控え目に話す弟と俺

嫌われ松子の一生というタイトルのTBSドラマが放送されていましたが、欠かさなかった人も多かったと思います。
わたしは、TBSは見なかったけれど、女優の中谷美紀主役でシネマが公開されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さからでもありますが不幸な境遇にいながらも、自分は不幸だと思いません。
周りから見ると、恵まれていないかもしれないけれど夢を捨てません。
幸せになることについて、貪欲なんです。
とてもリスペクトを感じました。
私も幸せになりたいのに、そうなってしまうと幸せになる権利はないような気がする。
などという、謎の状態に陥っていた悩み多き私は見ている間、幸せな気分になりました。
とても、明るい映画なので、一押しです。
キャストの、中谷さんは、先生役でも、風俗嬢でも、理容師でも、やっぱり綺麗でした。

風の無い水曜の午前は読書を
8月に、沖縄まで仕事に行った。
この辺はかなり暑い!
Vネックのカットソーの上から、スーツの上着。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、スーツの背広はぼろぼろに。
泊まり先にに入って、仕方なくボディーソープで洗った。
乾いたらジャケットはオレンジの匂いが続いた。
スーツが痛むのではないかと気になったけれど、それでも洗ってやると思っていた。

熱中して体操する家族と冷たい肉まん

この夏は、海に行っていないが、楽しみに非常に行きたい。
現在、自分の子供が2歳なので、泳がせないで遊ばせる程度とは言っても、絶対楽しんでくれると思う。
しかし、まだ、パンパースを着用しているゆえに、遊んでいる人の事を考えたら海水に入れない方がいいと思う。
プール用オムツもあることはあるが、議論になっているらしいので。

前のめりで話す友達と紅葉の山
ほほえみって綺麗だなーと思うので、できるだけ笑顔で話すように気を付けている。
なるべく、時と場合を考えて。
でも、他の人に強制してはダメ。
要は、一概には言えないが、個人的な価値観として。
業務中は真剣な顔で一生懸命に仕事していた人が、笑顔になった瞬間。
もう、大好き。
目じりに皺がある人が好き!と話していた友人。
その気持ちも理解できるかもしれない。

どんよりした木曜の午後にひっそりと

山梨県は、果物大国と言われるくらい、フルーツの栽培が行われている。
日本ではなかなか無い海なし県で、八ヶ岳などの山々に囲まれている。
それにより、漁業もできなければ、稲作もあまり盛んではない。
なので、甲斐を治めていた柳沢吉保が、果物栽培を提案したのだ。
他の県よりも有名な優れた名産が経済を潤すと考えたのだろう。
甲府の水はけの良さと、山国ならではの寒暖の差は立派な果物を生み出す。

自信を持って大声を出す彼とアスファルトの匂い
田舎に住んでいると、ネットショップでものがお手軽に買えるようになったのが、たいそう簡単だ。
それは、まともな本屋が市内に2軒しかなくて、本の品ぞろえも悪いから、手に入れたいマンガも買えないからだ。
取り寄せるよりネットで購入するほうが手間がかからない。
だって、本屋に行くのに車で30分かかるから非常にめんどうだ。
ネットショップに慣れたら、なんでもオンラインショップで購入するようになった。
他のものもネットショップで購入するようになった。
家電は、ネットのほうが確実に安価で、型番商品は絶対にネット買いだ。
しかし、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

どしゃ降りの木曜の朝に立ちっぱなしで

打ち上げ花火の季節なのだけれど、今住んでいる位置が、観光地で土曜日に、花火が打ち上っている、もうあきてしまって、新鮮さもなくなった。
毎週夜に、打ち上げ花火をあげているので、ものいいも多数あるらしい。
自分の、家でも打ち上げ花火の音がうるさくて子がパニックで泣いている。
夏の季節に数回ならいいが、夏休み中、毎週末、だらだらと花火をあげていては、いらいらする。
さっさと終わればいいのにと思う。

雨が上がった休日の日没はカクテルを
某芸能人がいきなり引退することで、報道でうんざりするほど扱っていますが、非常にすごい!!。
次期首相がどういった人になるかっていう内容より報道でも順番が前だったし。
どのような人が代表になろうが変わらないって考える人もめっちゃいますし、それよりは有名芸能人が芸能界を電撃引退というほうが何かしら影響がでるということですかね。

どしゃ降りの土曜の日没にカクテルを

少年はたいそうお腹が減っていた。
もうじき夏休みという頃、学校から早足で帰っているときだった。
蝉も大きな声で鳴いていて、日光は強く、夕方なのにいまだお日様は沈む気配はなかった。
少年は汗を流しながら一人で歩いていた。
友達と一緒に下校することも多いが、今日はものすごく空腹だったので、早く家に帰って何か美味しいものを食べたかった。
少年が食べたいのは、昨日の夕食のカレーの残り。
昨日のカレーは、まだ鍋に半分くらい残っていた気がする。
ご飯だっておそらく、冷や飯が冷蔵庫に入っているはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、足早に家へと向かった。
すると体中に、汗がもっと流れてきた。

目を閉じてお喋りする姉ちゃんと壊れた自動販売機
子供の4歳の誕生日が近いので、誕生日プレゼントをどういったものにするかを悩んでいる。
妻と話して、体で遊ぶアスレチック系かためになるおもちゃか洋服や靴などにするかを決定しようとしている。
考えるがなかなか決められないので、ものを見に行って決めることにしたけど、がつんとくるものがなかった。
だけれど、こどもに見せてみたら、あっさりと決めることができた。
すべり台に夢中になったから、それに決めた。
ただ、今の借家が小さいので、場所をとらない折りたたみ可能なものに決めた。
販売価格が、なかなか安かったので、助かった。


フレーム下 class=

サイトコンテンツ


Copyright (C) 2015 ネクタイをしたパティシエは愛想がない All Rights Reserved.

ページの先頭へ